ほそぼそと生活する管理人のどたばた劇。 https://uamo.comの「日記」コンテンツ。// 本家サイト「SolemnAir」 ◆ささやかに応援してみる(ここクリック)
<< もう少し趣味の時間が取れるといいな。 | TOP | 2020年抱負。 >>
ながれるひとびと。
直属上司の送別会でした。

去年同じチームにやってきた同い年の上司とは
仕事のやり方や、物事の考え方が違っていて、
人間関係ができるまではそれはもう泥沼な上下だったし
できてからも笑顔で全面衝突が何度もありました。

けれども、親しくなるととてもいい人で
上下がなければ本当にいい友達だと思います。
転職組の私とはキャリアがかなりの年数違ってきているので
同い年でもどこか頼る相手で、「上司」でした。

今年の春先に異動になってしまった後輩君と三人で
食べに行ったこととかきっと一生心に残ると思います。
この上司から、私と後輩君の昇格祝いでした。

ツイッターでも呟いたんですけど、
その後輩君も本当に私に大きなものを残していった人でした。
二桁も年齢が違うのに、彼が与えてくれたものは大きくて
さらにその後輩君にこの上司が与えたものも非常に大きいものでした。


一期一会。
私の職場は流動性なところがあるのでこの言葉が心に刺さります。
私は毎年それを念頭に置いて過ごしています。
もう二度と、全く同じチームで仕事をすることはないのだと。

辞めたい、辞めようと思うことが腐るほどありますが
その度に、後輩君の未来が見えなくなると思いとどまります。
私は優秀な彼のこの先が見てみたい。
男女の関係とかそんなことは一切ありません。
異性の云々ではなく、より互いのスキルを高めて、学んでいく相手でした。
(彼のほうが優秀なのであっという間にスキルもなにもかも彼が上になりました)

三年間一緒に仕事をした時間が今をつなぎとめています。
そして一石を投じ続けています。

そしてその三年間の最後の一年を今の上司と、後輩君と私と。
同じチームで駆け抜けました。
家族よりも長い時間を一緒に同じことを目指してがんばるということは
ありがたいことで、得難いものなのではないかなと思います。


嫌なこともたくさんあったし、上司との衝突は数えられないくらい。
でも険悪で本当に嫌かといえば、結局漫才のようなコントのような。
楽しい時間だったなと思います。


後輩君と仕事上、今でも不定期で連絡を取ることがありますが
きっと上司ともこの先、普通に仕事の一環で連絡を取るんだろうなとも思います。
けどもう同じチームじゃない。
彼らは別の場所で新しいことに臨み、私はここで何かに臨む。

人生の交差点がいくつもあって、本当に素晴らしいことだなと思います。




「人と関わる」ということは実に簡単で、実に難しいこと。
改めて、今、周りの人たちとの関与を体感して
誰も私のプライベートなんて知らないだろうし心配なんてしないだろうと思っても
目の前で転べば当然のように心配してくれて、自然に手を差し伸べてくれるんだろうなと思うのです。


私の趣味についてはアニメが好きだということしか知られておらず
その印象操作で私は自分が文章を書いたり絵を描く人だということを伝えていません。
職場には必要ないからです。

けれど、人間性はとっくに長い時間で見えてしまっていて
私がどんな人であったとしてもきっと、
いい意味で動じないくらいの関与なのだろうなと思います。


来年には新しい上司の元で
もしかしたら全く違う業務をしているかもしれません。
とにもかくにも新しい風が吹く。

今でも自身の環境の変化にはとても弱いし抵抗があるんですが、
周りに新しい風が通り抜けることを嫌だとは思わなくなりました。
別れはいつだって淋しい。
そして新たな出会いがある。
ここ数年はいつもそれを感じています。


仕事は新しいことばかりだし難しいことばかりだし
嫌なことから逃げられないし、不得手なこともやらねばならない。
よく辞めたくなる。

でも結局つなぎとめているのは
給料でも福利厚生でもなく人なのかもしれないなあとも思います。

自分に、誰かが一生懸命教えてくれたこと。
誰かが、自分が困った時に助けてくれた回数。
この場所で返したいんだろうなあと最近思うのでした。



そんなこんなで酒も入っていてまとまらないですが
上司には感謝してます。
みんなにいいことがあるといいよねって。




そんな送別会でした。
ではまた。
posted by uamo | 22:27 | 日常 | - | - |
Search this site


◆http://uamo.com/
◆MASTER:MizcoyUamo
◆MAIL:3lovers[atmark]uamo.com

THANKS!DANKE!



BACK TO THE HOME