ほそぼそと生活する管理人のどたばた劇。https://mizcocy.wixsite.com/uamo (旧 http://uamo.com)の「日記」コンテンツ。// 本家サイト「SolemnAir」
<< 映画「屍者の帝国」を観てきました。 | TOP | 適応できないネガティブさの推進力。 >>
そうなるように、のおまじない。
三年後の自分を想像したことがありますか?
じゃあ五年後は?
最近個人的に耳にする機会が多い言葉です。


私は目標を立ててなにかをすることが苦手です。
逆に目標を立てずになんとなく、で仕上げることは好きです。
いつまでにという期限がないほうが
私には向いているようです。(仕事の実務とは別の話です)


自分自身がそうだと思い込んでいるので、
目標がどれだけ大切なものでも
そういう人とそうでない人がいると思ってきました。


ダメになるダメになると思って物事をすると失敗し、
大丈夫大丈夫と思ってやるとうまくいく。
そんな話を聞いたことがありませんか。
乱暴な言い方をすれば
「思い込み一つで実際にそうなる」という話です。
それが本当かどうかの検証は専門家にお任せして
科学的な話や、実際の統計の話などは隅っこに置いておきます。


さて。
三年後の自分はどんな風になっているのでしょう。
それを具体的にイメージしてください。
考えてみることが重要なのだそうです。

そしてその通りの自分に必ずなると思い込んで生活すると
本当にそうなるのだというのです。
もちろん一攫千金や空が飛べるようになるなど
明らかに不可能だということもあるでしょう。


私は人生を
スケジュールし、管理する、ということに抵抗があるほうです。
では行き当たりばったりでいいのかというとそういうわけでもありません。
ただ、ぼかせるところはぼかして
社会の管理下とは別の、
「管理されない時間」(というと少し矛盾しますが)を確保しておきたいのです。

大人の発言でないようなことを言えば
そんな管理された時間は学校の時間割で十分だった、と感じたクチなのです。

もちろん仕事ではそんなことは申しません。
むしろそこが重要であり
効率的に優先順位を的確につけて判断し、終わらせていくことが重要です。
これは職種を問わないと思います。


言い切ってしまえばそれはオン。
オフはそういうしがらみを切りたいの、というところでしょうか。



ところがこの歳になって、ふっと思ったのです。
もしかして目標を定めて計画的にするって
理想の自分に近づくための現実的なプロセスを具体化する手段なのか、と。

ビジネスシーンにおける行動(または目標)の視覚化は重要だと言われます。
いわゆるPDCA。
Plan,Do,Check、Action。
これって、日常生活にとりいれたらまた違う側面で活かせるんじゃない?と。

まさかおまえその歳までそんなことを考えてこなかったのかと
石を投げられそうですが。


テレビゲームのクエストは
こつこつ目標を決めてゴールまで辿りつける集中力があるのに
現実では目標というものを毛嫌いする私。
趣味でも期限をつくるとめっぽう弱くなる私。



そんな私が思い込みで実現するなんて話を聞いたので
合わせ技で自分に都合よく捻じ曲げることにしました。


三年後の自分を具体的に想像します。
正確には、自分がそうなっていたい姿を想像します。
なれると信じます。(これは無条件にそうするしかない)
そして目標という言葉自体に苦手意識があるので少し変えます。

「そうなるまでに何が必要か?」

それを細かく細かく切っていきます。
そして一日単位まで落とします。
365×3を考えろというわけではありません。
人生には明日の確約などありません。
確約されているのは今の一瞬だけです。

さて、一日単位まで細分化したその未来の切れ端を
どうするかは今の自分が握っています。
私はこれをどうするのでしょう。

「やってもいいし、やらなくてもいい」

別にそれを放したって誰も困ったりはしません。
自分の想像が遠のくだけです。
いつまでも三年後を想像し続けるようになるだけです。

ただ、
「もしそこまでにこれをしたなら、ここでこれが変わる」と考えてみます。
ゲームの分岐ルートみたいですね。
「しなかったらノーマルエンド……バッドではない(と信じたい)けどノーマルエンド……」
でもいいかもしれません。

それをするかしないかは
最終的に実行力です。
さらにそれを段階ごとに積み上げるのは継続力です。


はっきりいって、結局は自分との闘いです。
(敵が外的なものか内的なものかは別問題)


未来をイメージすること=目標的なものを考えること
思い込む=信じること

なのかなと。
と思うと叶えるための要素なのだなという気がします。



そしてこれだけまとまりのない文章を書いておきながら
捻じ曲げた結果は、


「三年後の自分を想像し、具体化し、そのための問題点を考え、
無条件にそうなるととにかく信じて毎日動く。
それだけできっと実現する、というおまじないだコレは」

に落ち着いたのです。

実際に即して動いた者はなれますよね。おそらく。
問題点の解決まで内包されますから。
そして日常でこれができる人は、社会でも強みだと思います。
おまじないを信じるもどうするも結局は自分次第です。
継続と実行力が第一、それはもちろんもちろん。







でも自分が今の自分に疑問を抱くとき
いろいろなところでいろいろなことが不明瞭になったとき



その目に三年後の自分がみえていますか。




そんな自分に、「そうなるようにのおまじない」。
posted by uamo | 23:49 | 日常 | - | - |
Search this site


◆http://uamo.com/
◆MASTER:MizcoyUamo
◆MAIL:3lovers[atmark]uamo.com

THANKS!DANKE!



BACK TO THE HOME