ほそぼそと生活する管理人のどたばた劇。http://uamo.com/の「日記」コンテンツ。// 本家サイト「SolemnAir」
ちょっとばかり。
ちょっとツイッター落ちしてたりするわけですけども。


最近、努めていいところ探しをするようにしています。
他人も自分も世界も。
嫌なことを思ってしまって感じてしまっても
すぐに逆のほうから捉えようと考え、意識します。

そうするとなんだか
自分が、
ちっさいことで苛立ってばかりだなとか
あらさがししたり、嫌なことばっかり感じて生きてんだなって思います。
でもそれは小さなことにも気づけるってことだよね、とやっぱり逆に捉えて
自分を嫌いにはならないようにします。

努めています。
理由は明白、自分を変えたいからです。

というか事実、逆の視点で見れば
むしろ自分にとっていいことばかり、
力になるようなことばかりなのに
それらを全て自ら取り零していってる気がしたからです。


そことは別件ですが、
気落ちしている部分があるのは確かです。
でもその気落ちの理由をうまく言えません。

何かを失ったとかではありませんし、

毎日行うことの中で、
具体的な事例に反映しなかったとしても
評価されるべきところのされるべき範囲で評価はされています。
その面で言えばタイミングは合わなかったとしても
正直、外観上充実しているとしか言いようがありませんし
事実、求められる程度の責任感と、充実感をもって臨めているのは確かです。

いくつか課題を落としていますが
それは次がんばれる類のことですし
そもそも課題は目の前のことを消化する手助けとすべくやっていることなので
目の前をおろそかにしてまでそちらに注力すれば本末転倒だと割り切っています。



焦燥感もなければ
具体的な嫌なことがあるわけでもなく
来年度からの環境の違いは多少出るとしても
それも新しい体制で新しい出会いがあることだと思えば
どこかわくわくすることでもあります。


けれど不安感が占拠する瞬間があります。
無常に過ぎていく時間の一つ一つが無性に哀しくなるときがあります。


無理してないか、No
がんばりすぎてないか、No
ただのわけのわからない感傷としかいえず、
モチベーションが下がっているわけでもない。


ただ少し、情報に疲れているというのはあると思います。
知らない人たちの知らないことを浴びて
知らず知らず疲れていっているのではないかなというところはあります。


女性差別、男性差別、ジェンダー差別、社会の問題、
いろんなことをいろんな人がいろんな形で考えて
いろんな言葉にしています。
それはもちろん自由です。

でも、注意喚起や、批判は必要ですが
感動感動感動話、批判批判批判話、
その振り子にちょっと疲れてしまった気がします。

発信者がどうのとか
受信側がどうのとかそんなことが言いたいのではなく
人は自分の周りで、自分が捉えられるものを
都合よくは無視できない気がします。

関わったものを関わらなかったことに、は
私にとって非常に難しく
記憶しなくていいことまで記憶して
心をつかわなくてもいいようなことに
心を動かされてしまうことは
もう典型的に向いてないのだなと。

要するに、やっぱり情報疲れを引き起こしているのだと思います。

加えて、現実世界での本当に触れる世界のことが優先なわけで
とにもかくにも、なんだかわからない状態の中に自分がいて
うまく言えないのです。
無力感を感じているわけでもなく。


ただ、
わたしにはそこが必要だったとしても
わたしはそこに要らない気がして
どうも何も言えなくなってしまったのは確かです。

それを(無意識にでも)確認する現代にありがちな行為も
めんどうで嫌な行為の気がしてきて
状況的には何もない状態なのだから
「心配しないでください」などと宣言するのも変な話で
そもそもそれは無意識に心配してくださいと同義ではないかなどとも思ってしまうわけで
そこんところを考えることもめんどうですし
反論を考えるのも疲れてしまって


まあ、結局何も言えないですよね。
でも気にしてくれる人が皆無だとは思ってないわけで
わざわざこうですよというのは上述の通りで
袋小路に入った挙句
とりあえず必須のPC作業をやる間にちょっと久々にブログなぞ、と思い至ったわけです。



2018年度に創作復帰と言っていましたが
どうなるかは蓋を開いてみないとわかりません。
周りが変わることが決定したからです。
わたしの立ち位置は変わらないまま。


ただ、過ごすこれらの毎日が、経験が
無駄になるはずもなく
自分の中に積まれていくかと思うと
とても楽しみな部分があるのは確かです。


自分には絶対向かないことだと思うようなことが
将来的にはかかってくると思いますし
既にその見通しですが
前の自分ならもうそれだけで今の場所を捨てただろうなと思います。

けれど嫌という言葉とはちょっと違って
怖いけれどもそれはチャンスではないかというのが今の自分の思考で
どうにも妙な心もちです。

感覚的にはしないで済むならしたくないんですが
やってみてダメなら考えればいいかなというのもあります。
「向くか向かないかは置いてみないとわからない」という考えのもとにそうなるなら
「置かれてみないとできるかどうかわからないのでやってみましたができませんでした」
というしかないかなと思います。
それはわたしの立場では、責任感とは別の問題だと思っていますし
現状、わたしを動かす側もわたしの立場にそれは求めていないからです。

怒られて叱られて評価が下がっても
そこには向かなかった、それはできなかっただけで
自分が無価値になるわけではありません。
他にできることがたくさんあります。
けれどできるかどうかはやってみないとわからないことがたくさんあります。


きっとどこへ行っても同じ。
どんなに遠くに行ったって
どんなに違うことを始めたって
わたしがそのままである以上は
わたしの捉え方はそのままわたしでしかない。


「逃げる」という単語を使っていないのは
それは別の話だからです。
これはわたしのブログなので自分のことを書いています。
逃げるの定義や、それがどうかという話は全く異なる話で
今のわたしの問題点ではないからです。

自分に納得がいくか、自分が今もう壊れる寸前にいるか、自分がどうしたいのか
その辺りのことは千差万別で
どの道がいいも悪いもなく、万事塞翁が馬です。
少なくともいまのわたしはそう思っています。
数年後のわたしが真逆のことを言ったとしても。



みんなが元気でつつがなく
おいしいご飯が食べられて
安心して眠ることができて
笑って働ければ本当に幸せだなと思います。




耳を塞いで
目を閉じて
口をつむって。

わたしは四角い箱の中に生きているわけではなく
毎日変わる風の中にいて
そこで世界の音を聴いて
さまざまな、本当にいろんなものを見て
たくさんの人といいことも悪いことも話して

営みの中に生きているこの気持ちをうまく言えずにいる。

JUGEMテーマ:日常。



posted by uamo | 00:33 | 日常 | - | - |
2018年もよろしくお願いいたします


あけました。おめでとうございます。

12/29に舞台を観に博多に行ってきました。
12/28仕事からバスの夜行便だったので
体力が皆無な私としては不安要素だらけでしたが
なんとか行けました。
一人で大きな街をうろうろするのも本当に久しぶりのことで
十年位前の神戸以来だったのではないかと思います。

今回は
落ちる気で舞台のチケット抽選に応募したら
上級席が当たってしまったということで行くことになったものでした。
この前の舞台の時に手当たり次第抽選に応募したのですが
見事に数回にわたり外れ、行けなかったので当たると思っていませんでした。
年末の冬コミ(冬のコミックマーケットという東京の大規模なイベント)開催日の
真逆の九州ならばどうだろうか、という頭があったことは確かです。
読みが見事だったのか単なる運なのか。

初めての博多。
県外に出て思ったことをいくつかメモ。

博多駅大きい。
だけどわかりやすい!
隣接する建物の中への早朝入り口がわからず
博多駅の外周をうろうろしていたら(駅の外を一周しました)
みかねたのか親切なおばさまが
「××はこの時間入れないから○○から回るのよ」と声をかけてくれました。
ありがとう……気持ちが嬉しい。
自分がストレンジャー過ぎて
おばちゃんが言ってること自体がわかんなかったんだけど。
○○ッテナニ……みたいな。

結局は駅のB1から入るということに辿りつき
入れたものの、行きたかった店は満席。
というわけで近くの軽いモーニングが食べられるオープンカフェへ。
美味しいフレンチトーストが沁みる。

ホテルのチェックインまで時間があるが
仕事の疲れが取れていないため休みたくて漫画喫茶へ。
こういう時に本当に便利ですね。
個室タイプで寝転べるスペースを借りて仮眠。
ここで元気に観光できないところが残念なボディ。
お昼を取ってホテルに十三時に入りましたがやっぱり仮眠。
バスで寝れていないので仕方がないのです。
なおそれでもバスにした理由は
万が一大雪だったら飛行機や電車が止まると思ったからです。
金額じゃないんですよ……
数年前に島根は12/31に大雪が積もったことがありまして。
大千秋楽を見逃すことは避けたかった。

舞台は想像を超えて良かったです。
会場までの往復にバスを使用したんですが
バスを使う一般の人が多くて都会は採算が取れるんだなと感じました。
あと、みどりの窓口とかを見て
恩師が言っていた「都会の人はとても働いている」というのを感じました。
時間の流れが違うというか利用する人数が違いすぎて大変だなと思いました。

他には国際化が進んでいるなと感じました。
バスのアナウンスも日本語、英語、中国語、韓国語だったと思います。
ホテルの受付をしてくださった方もおそらく中国ご出身かなと。
朝のバイキングでの受付けはきれいな金髪のおねーさんで
イタリアかフランス系に見えたけどもアメリカかもしれない。
そこはわからないけどたどたどしい日本語ながらも
挨拶がとても元気でほっこり。

違う風が吹いているっていいなと思いました。

帰りは新幹線と在来線。
年末のため超混雑。
博多駅よりも岡山の在来線乗換口の殺到がすごかったです。


そんなこんなで今回のことを受けて
旅っていいなと思ったし
この金額でいろんなところに行けるんだなって思ったので
2018年はちょいちょい遠出をしようと企んでいます。
次はちゃんと休んで行って
地元ならではのお店とか巡りたいです。


というわけで。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ここがしばらく更新されなくても気にしないように!
2018年度は創作も少しずつ復帰していく予定です。
そこは別件と調整しつつ。
2017年度で課題が終わりそうにないので。

ではまた。
画像は博多駅のイルミネーション。
きれいでした。別世界みたい。
ところで旅日記とかつけたいなと思いました。

JUGEMテーマ:日常。



posted by uamo | 15:45 | 日常 | - | - |
20年前の、。
2017100115232800.jpg
中学生の時に友達からもらった
誕生日プレゼントの本。
誕生日に贈るように書かれた
左側には1ページ三行程度の短い文
右側には写真。

この中に
「部屋の窓をあけ風の道をつくってください」
という文がある。

私は朝、
少しずつでも部屋の全ての窓を開ける。
この本にある
魔法ドラゴンを招待するために。


何かを循環させることは
とても大切だと思っていて
気持ちが停滞してしまう時
感情が鬱積してしまう時

とにかく形だけでも
流れるように
流せるようにしたい
という願望もこめている。


言葉をとても丁寧に選んでつかっていた友達が
当時の精一杯で私の誕生日のために考え抜いて
中身を吟味して
与えてくれた言葉がいまなお
風に乗って響いている。
posted by uamo | 15:34 | 携帯からちょこっと。 | - | - |
週末のお供に。
2017092821154000.jpg
土日に紅茶などいれて
ほっと一息しようかと
珍しい外国のお菓子を買ってみました。
味は初めから日本人向けではないだろうと
想像していた通りの
ちょっと違う感じ。
少しつまんでみました。
デンマークとイギリスのお菓子のようです。

日々仕事ばかりの状態で
楽しくなるようなアイテムは大切。

仕事中も
お茶のセレクトを変えてみたりして
忙しさに心を亡くすことのないように。
そうは思っていてもこれがなかなか。


ツイッターだったか本だったかで
姿勢を無理して正そうとしていませんか、
みたいな内容の文を読んで
無理して引っ張るようにではなく
骨盤に内臓を落とし込むように
首を持ち上げるように
意識しています。
なんだか気持ちがいいです。

でもその文の中で
一番 おおお!と思ったのは
「みぞおちで歩く気持ちで歩いてみて
というとみんな歩き方がすごく変わる」
というものでした。

これがな、ほんと、変わる。
それを読んでから
気持ちはみぞおちで歩いています。

使わない筋を伸ばしたりすることは
気持ちがいいなあと思います。
細胞はやっぱり活性化したほうがいいのかな。

そんなこんなで
たちの悪い風邪をひいて
土日は完全ダウンとか
お仕事とかそんな日々です。



ちょっとそろそろ近づいてきた案件があるので
水面下で生活。
SNSも一回離れると
それはそれでフリーというか
なんか違う世界が目の前にあるなあといった気になります。


今はなんだかものすごく旅がしたい。
おいしいもの食べたり
きれいなもの美しいものを見たい。
なんだかとても自然に触れたいです。


今年度はちょっとがまん。
それではなかなか更新できていませんが
この間とてもきれいな空が撮れたので
来月中旬にはアップしようと思っています。

ではまた。
管理人でした。
posted by uamo | 21:30 | 携帯からちょこっと。 | - | - |
がんばること、がんばりたいこと、がんばれないこと。


写真コンテンツ、多少修正しました。
新作もあがっていますし、埋もれていたものにもリンクしました。
一括ページに含まれています。


せっかくのブログですから
ちょっと普段ツイッターで垂れ流しているようなことを
だらだらと書いてみようと思います。



常々、軽く生きられたらいいと思うのですが
基本的にいろんなことを考え込んでしまう性格です。
というよりも普段作品に書いてあるようなことを考えることが好きで趣味なのだと思います。

世間一般の重い話、暗い話、というカテゴライズには少しだけ違和感があります。
私にとって生死に関することさえもが日常的、恒常的に考えることだからです。

いろんなことを考えます。
私は全てのことが一つながりだと思っていて
世界で断絶した切れた事象など一つもないと思っています。
異次元でさえ次元同士はどこかのポイント、
もしくは次元間のなんらかによって接触しているのではないかと。

「こんなことに意味などない」
というフレーズをよくききますが
意味など要るだろうか、というのが最近の個人的な見解です。
意味などなくても存在はするし、
存在に意味を持たせたいならそれは後付けの話だよね、と。

意味を与えられた役割とするなら、
誰に、何に、神さまに?
GIFT?ギフト?

社会生活の中での役割はあると思っています。
役割を果たすことで報酬を得て社会が機能するのだと。
※ここでの役割は物理的な話

しかし生まれた時に与えられる役割とは。
誰かの子供という役割、未来をつなぐ役割、いろいろ考えられるかもしれません。
ならば「その役割を果たせない」
というシチュエーションは存在するのでしょうか。
それは不思議な話だなと思うのです。


その人に決まった筋道があって、その通りになぞらえなければ
「役割が果たせない」。
なぞらえたうえでそこに「導かれた」のであれば
その人は、それが役割なのではないの?と。
それが意味なのではないの?と。


何がなんだかわけのわからない理屈をこねくり回した話になっていますが、
簡単に言えば

どんな結果になっていても
それがその人そのままで、
それがいろんなものが織り重なった上に成った者だよと。

その状態のものに、
意味とか価値とか役割とかそんな定義で
なにかを決めつける必要があるのかなと最近特に思うのです。

なにかに対して、意味の有無なんて判断基準は個々です。
価値も同じく。
相対的なものから絶対的なものまで、全てが広い目で見れば流動的なものです。

意味が有るからやる、意味が無いからやらない。
その言葉が妙に違う気がするなと思えてしまうので。


ただこれは宗教を否定する話ではありません。
誰かが何かを信じる思いを否定する意図でもありません。


文化はさまざまで、個々の思考など千差万別の権化です。
それがどんな形をとっていても、どんな内容のものでも
世界は包括しています。

形成するのはただ一つ。
同じ舞台となるこの(最も広い意味での)世界だけです。


なにかを害さねば成り立たないものもあります。
なにかを正義という名前にして、
それらでなにかを切り捨てていかなくては進めない場所があります。
そこが進むべき道かどうかもわからなくても
歴史の終着点など、最善点など誰も知りませんし
世界が望む世界の姿は、最終的に世界が叶えていくと思っています。


そして誰もが、そんな規模で物事を見ていたら足元は固まりません。



誰もが要って、代わりなどいない。
誰もが不要で、すげ替えがきく。

個人で見るか団体で見るか。


そんな視点の、ピント一つで話が裏返るようなことばかりを
どちらが正しいかと考えても答えは出るのだろうか、というところです。

で、結局はこんなこと考えなくても現実は流れる。
意味があってもなくてもいってもいらなくても、なにひとつ考えなくていいことでも。


そんなことをだらだら考えつつ、
がんばるのは、自分のためにしたほうがいい。
誰かのために、社会のためにではなくて、自分の幸せのためにその手札使ったほうがいい。
そこに誰かが含まれるかもしれないけど
ベースは自分だよ、と思う。

全員に平等に不条理な世界だから
明日が来るかどうかも運みたいなもので
細胞の結果一つだから

自分が納得するほうがいい。
それが難しいことでも、そこが重要なんじゃないかなって思う。

誰かのためにがんばる自分に納得しても、
誰かがいなくなった途端に瓦解するがんばり方はリスキーかもしれない。
全体を見れば自分の代わりはいくらでもいる。
どんな偉人でも、ここからいなくなって、それでも今日が回ってるのだから。



そんなことを思うのです。
とりとめもないというか、だらだら書き流したけれども、

要するにね。
そこに在るってことがとんでもないエネルギーなんだから
もうそれだけでいいんだよって思っているの。


その内容がどうであれ、それは個別の問題で
在るってことが、関与していくってことが、干渉していく事象が、
もうそれだけでじゅうぶんな話だと思うの。


存在って爆発的なエネルギーだから。
そのエネルギーでもって個別の幸せをもって進めたらいいなって思うんですよ。


そんなわけのわからない話。
ではまた。

JUGEMテーマ:つぶやき。



posted by uamo | 00:21 | 日常 | - | - |
Search this site


◆http://uamo.com/
◆MASTER:MizcoyUamo
◆MAIL:3lovers[atmark]uamo.com

THANKS!DANKE!



BACK TO THE HOME